主婦湿疹はとびひになる?

とびひは、「ブドウ球菌」というばい菌が、
皮膚の表面で増え、小さな水ぶくれや赤み、ただれを起こす病気です。

 

このばい菌を触った手で、他の部位に触れると、
まるで火が飛び移るように広がるため「とびひ」と呼ばれています。

 

乾燥肌の主婦湿疹は、皮膚表面のバリア機能が壊れているため、
ばい菌を跳ね返すことができず、ばい菌がいつまでも皮膚に残ります。

 

ですから、普段から肌の乾燥を防ぐことが第一です。

 

ブドウ球菌を退治するためには、せっけんをよく泡立てて
皮膚を清潔にすることが必要です。

 

そして、身体を拭いたタオルは、他の人が使わないようにしましょう。

 

また、掻き毟ってしまわないように、
つめは短く切っておくようにしましょう。

 

ひどいとびひの場合は、ばい菌を殺すための抗生剤を飲んで治療します。