アトピーの教育入院

アトピーの教育入院とは、アトピーについての勉強をしながら治療を受けることです。

 

入院しただけで、薬の種類や治療の方法を変えなくても、
アトピーが驚くほどよくなります。

 

しかし、入院中と普段の生活では環境が全く違うため、
退院して元の生活に戻ると、また同じような状況になってしまうという患者さんも
少なくありません。

 

入院してアトピーを治すという行動は、
病院の治療に依存してしまうと言うことにもなりかねません。

 

アトピーは、自分自身の力で治していくものです。

 

病院での治療はあくまでもサポートですから、
外来での治療で十分だと考えます。

 

入院し、アトピーのためだけの一日を送るというよりも、
普段の生活の中で治す技術を見につけるほうが有効的だと思いませんか?